草原の牛 鯉農法 エコファーマーチンゲン菜 777mトマト 無農薬米 サラダほうれん草
とうもろこし 完全無農薬しいたけ


上田尻牧場
熊本県阿蘇郡産山村大字田尻
188
上田尻牧野組合 組合長 井 国興
0967−25−2117
 上田尻牧場は、北に九重連山、南西に阿蘇五岳、南東に祖母山を望む、広さは2.720.000平方メートル、標高800〜1000Mにかけて位置し、熊本県の最北東部で大分県久住町に隣接している。
 気候面では、九州山脈の屋根に位置しているため、昼と夜の気温の差が激しく、冬は寒さが厳しく最低気温は平均-3℃、夏は冷涼で最高気温が30℃を超すことは稀である。
ウマノアシカタ
春には、いたる所で野生の草花が咲き乱れます。
こだわりの牛肉(うぶやま・さわやかびーふ)
こだわりの牛肉飼育法(牧草を、肥育全期にわたって飽食させる、全国でも珍しい飼育法)
上田尻牧野では、牧場面積272haを、利用して九州農業試験場が、開発した全期粗飼料多給肥育技術により、赤牛の特性を、活かした
肥育牛を、生産している。豊かな草資源を、利用して生産された枝肉は、脂肪交雑を重視する一般的な市場でなく、愛知県犬山市のさいとう
や、大阪大丸デパートを通じて、健康や環境を、重視する消費者え供給しています。原野の適正な管理は、阿蘇地域の草原を守り、水おも守っている。上田尻牧場では、集団の力と、創意工夫により、古くから阿蘇地域に根ざしてきた赤牛の特性を、活かしながらかさ資源を活用した
地域農業を、展開している。
えさのこだわり
粗飼料は、上田尻牧場で、収穫した牧草ロール100%飽食させ、配合飼料は、NOGM(非遺伝子組み換え穀物)を、利用して抗生物質な
ど使用せず健康に飼育しています。
下の文字をクリックしてください。
草を食べて育った

=

ヘルシーで、おいしーい 牛肉

上田尻牧場は昔から居る、あか牛を牧場で取れた牧草を利用して肥育してます。現在80頭のあか牛が牧場内の畜舎で健康に育って、愛知県犬山市の有限会社サイトウと大阪の大丸デパートで販売しています。

私が毎日牧草を与えています。
西村 大悟(21歳)