うぶやま村の原木しいたけが出来るまで

写真にマウスを重ねてみてください
 @伐採  A穴あけ植菌作業
 @ クヌギの木を11月中旬(紅葉時期)
   に伐採し1ヶ月ほどした後1m20cm
   ほどに長さを切りそろえます。
 A その木に電気ドリルで穴を開けて
   しいたけ菌を植え付けます。
 
B培養中   C林内で収穫
 B 約2年、自然のなかでしいたけ菌を
   培養して原木の出来上がり
 C 秋に原木をしいたけの発生に適した
   山林の中へ移動させて秋〜春にかけて
   しいたけを3年間ぐらい収穫します。
 
 D乾燥作業 (E写真無しorz)うぶやまの生しいたけは6月から11月までが生産のピークで主に熊本県内や西日本各地の市場へ出荷されます  D 乾燥しいたけは収穫してすぐ乾燥機
   で新鮮なうちに乾燥されます。
 E 生しいたけはパックに詰められその日
   のうちに市場へと送られます。
   しいたけは鮮度が命です。
戻る