草原の牛 鯉農法 無農薬しいたけ 有機ほうれん草 エコファームのちんげんさい
777Mとまと とうもろこし






スィートコーン部会
栽培している畑の標高は750Mと高い場所にあるので、夏場の昼と夜の温度の差が大きく あまい とうもろこしができます。7月20日〜8月31日に収穫ができ熊本・福岡に集荷しています。また夏休み期間中はファームビレッジ産山でとうもろこし狩り体験もできます。
今の作業(4月から5下旬)は種をマルチの穴に一粒一粒播種する作業をしています。

堆肥まき

4月下旬〜 一粒々種を播きます 

 種まきして10日

種まきして2週間 


 5月中旬から農家ではとうもろこし畝間の雑草との戦いが主な仕事内容です。できるだけとうもろこしに栄養がいくように管理機を使って中耕し肥料を施して、とうもろこしを大きく成長させます。中耕する前にビニールマルチを剥がすのですが、最近では剥がさなくても良い石灰マルチも使用しています

従来のビニールマルチ栽培(マルチを剥いで中の管理) 肥料と中の管理が終了したところです。

石灰マルチ使用 マルチは、耕す事によって土壌で分解します。 7月17日ごろ収穫予定です。6月13日撮影
石灰マルチ使用で産廃となるマルチを、石灰マルチ使用で環境に優しい栽培をやっています。コストは、高くつきますけど。